便秘を改善するためには

私は5年ほど前より便秘に悩んでいます。そして私は20代の男です。一般的に便秘は女性の悩みといったイメージがありますが、私のように男性でも悩んでいる方が多くいらっしゃるということを聞きました。便秘は本当に精神的にも、肉体的のも大変で、便が出ないときには淀んだ気分になってしまいますし、体もだるく感じてしまいます。友人や家族には便秘の人がいないのに、なんで私だけ・・・といった悩みを便秘の時には感じてしまいます。
そして私は今まで便秘で悩む中で、本屋やインターネットで便秘についての情報を集めてきました。なぜ便秘は起きるのか、そしていったいどうやって改善していけばよいかといった情報を得た結果、便秘の原因の大部分は普段の生活習慣にあることが分かりました。私はまずは食生活の改善から始めることにして、便秘になりがちな生活を改善してゆくことに努めました。
まず私自身野菜嫌いなこともあって、ほとんど食べてこなかった野菜をしっかりと食べることを心がけました。にんじん、きゃべつ、ごぼう、その他の野菜をしっかり摂取するために食生活の中のひとつのメニューとして、野菜スープを飲むようにしました。これならば苦手な味も緩和されますし、スープと一緒にすることで食べやすくなります。またそのまま生で食べるよりも野菜のかさが減り、多くの量を食べることができるようになりました。まず最初の改善として、食生活のあり方を見直しました。
そして次に心がけた生活の改善は、運動をほとんどしない生活から、適度に体を動かす生活へと移行させることです。運動することは、便を出すための腹筋を鍛えることにつながります。しかし最初から激しい運動をすることは体への大きな負担となりますし、また運動の持続という点からみても好ましくありません。私はまずは夜に近くの公園までウォーキングをすることを決め、週3日は体を動かしました。そして運動に慣れてきたら腹筋などの筋力トレーニングを取り入れ、テレビを見ながらの腹筋などを行いました。
そのような取り組みが実を結んだのか、昔は頻繁に起こっていた便秘も、最近ではほとんど起きなくなってきました。やはりこのように、便秘に対する対策というのは、一番は自分の生活を見直し、改善してゆくことだと感じています。それでもまだ生活の中で便秘は起きることもあるので、これは便秘が起きないような更に健康的な生活を送っていきたいと思います。