多量の水分による便秘改善

便秘の原因と一つとして、腸内の水分不足が挙げられます。水分が不足する事により、便の水分そのものが少なくなり、排便の障害となるのです。世間では、モデルさんや人前に出る職業の方は、1日何リットルかの水分を摂り腸内環境を改善しているとも聞きます。なので、私もそれに肖り試してみる事にしたのです。
方法は至って簡単です。ただ水を飲むだけです。しかし、この水を飲むという作業、「喉が乾いている」以外で飲むという事が意外と辛いのです。よって、私は1日7〜10回に分けてコップ1杯(350mlに満たない程度)を飲むようにしました。
さらに、水道水では過剰の摂取はいささか問題があるので、それほど高価でないリーズナブルな天然水を購入し、それを飲むように徹底したのです。
効果は次の日に現れました。水分が多めの便が、いきまずに排出されるようになったのです。私は早速現れた効果に喜んで、この方法を継続しようと心に誓いました。
この方法を続けて1ヶ月程、正直なところ水ばかりたくさん飲んで飽きがきました。なので私は、水分なら何でもいいだろうという事で、水を少し減らして大好きなコーヒーを飲むようにしたのです。
しかしその数日後、便の排出頻度が減ってしまいました。後で調べると、コーヒーには利尿作用がある為水分が腸内にまで届かず、尿として排出されてしまうとの事なのです。私はびっくりして、また1日に飲む水分を全て水に戻しました。
それ以降、やはり便の排出頻度がまた増加しました。すぐに効果が現れて、しかもお手軽なこの方法は誰にでもお勧め出来るのですが、この方法をやっていてひとつ重大な問題がある事に気付いたのです。
それは「トイレに行く回数」です。利尿作用の無い水であれば問題はないと思われがちですが、1日に2リットル程度の水を飲む訳です。尿の回数に影響が無い訳はありません。
この方法を行ってる期間、私は仕事中に何度も席を立つ事となったのです。このままでは仕事に強い影響が出てしまう事を懸念し、この方法を止めてしまいました。当然、止めた後はまた便秘に逆戻りとなり、別の解消方法を探す事となりました。
よってこの方法は、出来る方が限られる方法となります。特に時間に囚われない環境に居る方にとっては、非常に適切でありお手軽な便秘解消法となるでしょう。やり方によってはお金も掛からず、作業も「ただ飲むだけ」です。しかし、これだけを継続していくのはやはり辛いですから、別の方法も重ねて考える事も必要かもしれません。