便秘は本当に辛いです

私は便秘に悩み続けていました。
最初は自分が便秘という事にも気が付いていませんでした。
普通に3日に1回とかしか便がでなかったり、下腹がぽこっとなっているのは普通のことと思っていました。
しかし、年齢を重ねていくうちにお腹の張りを感じたり痛みを感じるという事も増えました。
そしてその時になって自分が便秘なのだとわかったのです。
それから色々な方法を試してみて便秘を解消しようと努力をしてきました。
もちろん失敗したものが多く、今のスタイルになるまでに1年以上かかりお金もかかりました。
でも自分に合った便秘解消法って自分にいかに合うものを見つけるかにかかっています。
いくら他の人がして効果があったからといって必ずしも自分にも100%合うとも限りません。
なので私に合った方法はいくつかの方法を混合したものというところに行きつきました。
まず私がしているのが青汁を飲むことです。
飲むのは昼食や夕食の時に一緒に飲むようにしています。
そうすることで食物繊維を食事と一緒に取るようにして腸の中に働きかけれるようにしています。
一人暮らしなので何かと野菜不足になりがちな食生活を正して腸内環境をよくするために青汁を使っています。
自分に合う青汁を見つけるのに4種類のものを試してみて、日々の便の出方を見て一番良かったのもを選びました。
そして私が行っている便秘解消の2つ目が朝ヨーグルトです。

朝起きて無糖のヨーグルトを150gから200g食べるようにしています。
たまにホットにして腸内への吸収をよくしながら朝から腸の動きをよくする、腸内環境を整えるという目的で食べています。
すると食べて数十分と経たないうちに便が出そうな気配に陥ります。
朝に腸を動かすことで便の周期を一定にする目的でしています。
これは本当に効果が高いです。
私に合っている乳酸菌のヨーグルトは明治のブルガリアヨーグルトのプレーンです。
色々なヨーグルトの中でも一番値段的にも効果的にもバランスが取れていたので続けて食べているヨーグルトです。
その他には同じ時間にトイレに行って便を出すという周期を体に覚えさせるということもしています。
更にヨーグルトと一緒にオリゴ糖を少しいれて食べるようにしています。
乳酸菌のエサになるらしく、これで乳酸菌の力を引き出して腸を元気にしています。
このへんの分かりにくい乳酸菌の話は乳酸菌サプリの選び方は?乳酸菌の効果・種類も徹底解説! に分かりやすい解説があります。 そうすることで今では毎日最低一回以上、多いときには4回ほどの便が出るまで便秘が改善され、継続しています。

酵素が含まれる納豆や大根を食べて頑固な便秘を解消

頑固で精神的にも疲れる便秘には、酵素の力で解消しました。3日も便が出ない時には、酵素を含む食品を食べて改善しました。 酵素と言えば酵素ダイエットが有名ですが、私の中では便秘解消のためのものです。 酵素ダイエットのほうが気になるという方は 【酵素ダイエットの方法まるわかり!】酵素ドリンクでファスティングに挑戦! などのHPをご覧になってみてくださいね。 で、野菜の中でも良かったのが、大根です。

 

大根を皮付きのまま、食べ易い大きさにカットします。それを生のまま食べます。火を通すと、その酵素の力が弱まってしまうので、カットしたらすぐに食べます。

 

すぐに食べると、辛味がします。その辛味が腸の働きを活発にしてくれると知り、毎日、食事をする前後に食べるようにしました。すると、その食事をした3時間後くらいに、便を出したくなります。

 

腸がゴロゴロと動き出し、トイレに行くと、便が出ます。大根は、擦りおろすと、吸収率が高まります。1回につき、お茶碗の3分の1ほどの量を食べるのがポイントです。

 

新鮮な大根には、より酵素が多く含まれています。青い部分の方が、便秘には効き目が高いです。もし、その辛い生の大根が駄目な時には、大根を炒めて食べても大丈夫でした。

 

胃のコンディションが悪い時などには、炒めるようにして食べました。大根を皮付きのまま、細く千切りにします。それを軽くフライパンで炒めて、醤油を少し付けて食べます。

 

辛味が甘味になり、食べ易くなります。炒めた場わいには、お茶碗1杯分を食べるのがポイントです。食事をする1番最初に食べるようにすれば、便秘になりにくくなります。

 

その食事をする時には、コップ1杯のお水を用意します。それを飲みながら、ご飯を食べるのです。すると、面白いように便が出るようになります。

 

他には、納豆が便秘解消に役立ちました。納豆を1カップ食べると、必ず便が出るようになりました。頑固な便秘には、その納豆を2カップ食べるようにします。ご飯と食べるよりも、納豆にタレを付けて、そのまま食べる方が効き目がありました。

 

夏場は、少し冷たい水風呂に入ります。プールに近い温度のお風呂に入り、水の中で手足を動かします。軽く腹筋などをすると、途中で便を出したくなります。

 

お風呂から上がり、お腹を揉みます。指の先で軽くお腹を摘むように揉み、腸に刺激を与えます。更に腹筋をすれば、もっと便秘解消に繋がります。その後にコップ1杯の水を飲むと、便が出ます。

 

冬場にやると風邪をひくので、夏場限定でやる便秘解消法です。冬場はベッドの上で両足を上げながら腹筋を30回ほどやりました。左右に捻りながらやると、便秘が解消できます。

 

お腹の部分に力を入れるのがポイントで、毎日続けることで便秘になりにくくなります。

更新履歴